top of page
  • 執筆者の写真Naoko Suga

あなたのカラダを守るのは誰か?Who protects your body?

更新日:2023年10月21日

脳とカラダ

結論から言うと、あなたのカラダを守るのはあなたの脳です。国も法律も家族も友達もあなたが生きる上では欠かせない存在ですが、あなたのカラダまでは守ってはくれません。結局のところ、あなたの脳が、あなた自身の「働く細胞」を統率し、あなたの行動を左右します。決断をするのは、あなたの脳なのです。

子供のころは、就寝時間になっても寝ないで遊んでいると親に怒られましたが、大人になると、誰も注意をしてくれません。誰かがあなたの睡眠をずっと監視しているわけではありません。あなたの気分次第で、いつまででも起きていられます。


自然治癒力というパワー

あなたのカラダをどう守るか、ということもあなた自身が考えなければ、大人になると誰も与えてはくれないのです。ですが、そもそもヒトには自然治癒力が備わっています。なので、そのヒトが生まれ持った自然治癒力というパワーを最大限に生かしましょう。あなたは、あなたのカラダのプロフェッショナルです。日々のカラダの状態を知っているのは、アナタの脳であり、外から教えられるものではありません。


カラダのプロフェッショナル

日々の生活の中でカラダからのシグナルを真摯に受け止め、積極的にあなたのカラダに良いことを取り入れましょう。それにはまず、あなたの脳があなたのカラダに意識を向けるという、覚悟をするのが大事です。あなたの脳が、気合と根性でカラダ以外のことばかりに意識を向けていると、あなたの「働く細胞」からのシグナルに気がつかないかもしれません。あなたの脳は、プロフェッショナルとして、カラダの攻守のバランスをとるようにしてください。攻めばかりでは、自然治癒力が消耗されて、いざ風邪などの敵が襲ってきた時には、戦えないばかりか、ウィルスがあなたのカラダを占領してしまいます。


もしあなたの「働く細胞」が働きすぎているかなっと想うのであれば、あなたの脳からカラダに「休息」を取り入れてください。少し体を休ませて横になるだけでもいいですし、昼寝を10分ぐらいすることでも、あなたの疲れた細胞には必要な休息です。どう休むかというのは、その時のあなたのライフスタイルに調和した休息方法を取り入れればよいので、今あなたができることから取り入れましょう。もし、あなた自身が休むことについて、あなたの脳がカラダに与える「積極的な守り(ディフェンス)」だと認識すれば、来る攻めの時に最高のパフォーマンスを期待できるでしょう。


Who protects your body? Brain and Body It is your brain that protects your body. The country, the law, your family, and your friends are all essential to your life, but they do not protect your body. Ultimately, it is your brain that governs your own "working cells" and influences your actions. It is your brain that makes decisions. As a child, your parents were angry at you if you didn't go to bed and play when it was bedtime, but as an adult, no one pays attention to you. No one is monitoring your sleep all the time. You can stay up as long as you want, depending on your mood. The Power of Natural Healing As an adult, no one will teach you how to protect your body if you don't think about it yourself. However, humans have the power of natural healing in the first place. So, let's make the most of the power of natural healing that we are born with. You are the professional of your body. It is your brain that knows the condition of your body on a daily basis, and it is not something that can be taught from the outside. You are the professional of your body. Take the signals from your body seriously in your daily life and proactively do what is good for your body. To do this, it is important to first be prepared, that is, your brain is aware of your body. If your brain is only conscious of things other than your body, with all your energy and guts, you may not notice the signals from your "working cells". Your brain, as a professional, should balance the offensive and defensive aspects of your body. If you are only on the offensive, your natural healing power will be depleted and when an enemy such as a cold strikes, not only will you not be able to fight it, but the virus will take over your body. If you think your "working cells" are working too hard, let your brain and body get some "rest. Even just lying down to rest a little or taking a 10-minute nap is a much-needed break for your tired cells. How you rest should be in harmony with your lifestyle at the time, so start with what you can do now. If you perceive rest as an "active defense" that your brain provides to your body, you will be able to expect the best performance during the coming offensive phase.




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page