top of page
  • 執筆者の写真Naoko Suga

お疲れにお勧めのツボ押し Recommended acupoints

お疲れにお勧めのツボ押し

腰痛や肩こりに悩んでいる人の多くは、日ごろから気を遣う生活をされています。気を使い続けて精神的にも疲れると、背中の肩甲骨と肩甲骨の間がカチカチになります。その状態が続くと腰痛や肩こりなどの痛みを感じるようになるのです。精神的な疲労が蓄積すると、左右の肩甲骨の内側付近がこわばります。ちょうど、このあたりは、心兪(しんゆ)や神堂(しんどう)というツボがあり、まさに大昔から、背中のツボは、メンタル系との関連が強いツボなのです。


ツボとトリガーポイント

東洋医学的なアプローチでは、経穴とよばれるツボを使って、背中のコリやハリを説明します。一方の西洋医学的なアプローチでは、ツボは使わずに、トリガーポイントと呼ばれます。トリガーポイントは硬くなった筋肉の内にあり、通常、そのトリガーポイントを押すと、関連した痛みがトリガーポイントとは離れた場所で知覚されます。肩甲骨の内側には特に上半身に関連するトリガーポイントとなる圧痛点が集中しているので、それらのトリガーポイントを施術することで、結果的に肩こりや背中全体のこわばりがほぐれます。誰かに肩もみしてもらった時に「ソコソコ!」っていう箇所があれば、実はそこはツボやトリガーポイントであることが多いです。


ジブンでは手が届かない!

「ソコソコ!」って思ったところで、その場所はジブンでマッサージしたくても手が届かきません。ジブンで対処できないと思うと、辛い痛みが余計に気になりますよね。そういう時に一番効果的なのは、運動をしたり、お風呂に入ったりして、凝り固まった筋肉だけでなく、全体的にカラダを温めて、凝ったところをゆるめることです。とはいっても、現実ではしっかり運動をする時間や、お風呂にゆっくり入る時間もなくて、カチカチ背中の困った状態を放置しているのではないでしょうか。


コロコロご褒美タイム

そこで、お勧めしたいのは、ストレスボールを使ったストレッチです。事前準備は、ベッドの枕元の近くにストレスボールを一つ用意するだけです。寝る前に、ストレスボールを肩甲骨と肩甲骨の間に挟み、コロコロしてみてください。ストレッチボールの圧がちょうど気持ち良いと思うぐらいでしばらく転がしていると、胸郭が広がり呼吸が深くなり、その結果、背中の筋肉もほぐれます。ストレスボールがコロコロと滑らない場合は、ジブンがコロコロ動いても大丈夫です。

眠りに入るのに時間がかかって困っている方は、ベッドに入ってストレスボールコロコロさせることを、リラックスタイムへの切り替えとしての、ジブンだけのちょっとした睡眠儀式にするのも良いでしょう。肩こりも解消されて、すぅと眠れるという、一石二鳥のジブンだけのご褒美タイムになるでしょう。


Recommended acupoints Many people who suffer from back pain and stiff shoulders lead a life of daily care. As they continue to use their attention and become mentally exhausted, the area between the shoulder blades in the back becomes stiff. If this condition persists, they begin to experience back pain and stiff shoulders. When mental fatigue accumulates, the area around the inner side of the left and right shoulder blades becomes stiff. This area is also the site of the acupoints Shinyu and Shindo, which have long been associated with the mental state. Acupoints and Trigger Points In the Eastern medical approach, these acupoints, called meridians, are used to explain stiffness and tightness in the back. The Western medical approach, on the other hand, does not use acupoints, but rather trigger points. Trigger points are located within stiffened muscles, and usually when the trigger point is pressed, associated pain is perceived at a location distant from the trigger point. There is a concentration of tender points on the inside of the shoulder blades that are trigger points, especially related to the upper body, so treating those trigger points will result in the relief of stiffness in the shoulders and stiffness in the entire back. If you have someone rub your shoulder and you say, "That's it!", that is the area that you can't reach with your hands, it is often a acupoint or a trigger point. "I can't reach it!" When you think you can't handle the pain, the pain is even more bothersome. The most effective approach in such cases is to exercise or take a bath to warm up not only the stiff muscles but also the body as a whole and loosen up the stiff areas. In reality, however, you probably don't have time to exercise or take a relaxing bath, leaving your back in a state of stiffness and pain.

Time for a little rolling retreat. What I would like to recommend is to stretch using a stress ball. All you need to do in advance is to prepare one stress ball near the bedside of your bed. Before going to bed, place the stress ball between your shoulder blades and roll it around. If you roll the ball for a while, just enough to feel the pressure of the stretch ball, your rib cage will expand and your breathing will deepen, which in turn will relax the muscles in your back. If the stress ball does not roll over, it is okay for the givens to roll over. If you have trouble falling asleep, you can make getting into bed and rolling the stress ball a little sleep ritual just for the gibbet as a transition to relaxation. This will be a rewarding time for you: your shoulders will be relieved and you will be able to sleep soundly.


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page