top of page
  • 執筆者の写真Naoko Suga

タイパよりもタイマが大事? Time to manage or to perform?

タイパとタイマ

最近、よく耳にするタイパことタイムパフォーマンス(かけた時間に対する効果)について議論されますが、もっと重要だと思うのは、タイマことタイムマネジメント(時間のマネジメント)です。特に、正しく時間を認識できないことによる遅刻は、社会的にも厳しい目を向けられます。


腹時計が時間を刻む

私の周りにも、毎日だいたい同じ時間になったらお腹が空くので、時計を見なくても時間がわかるって方がいます。毎日の生活リズムが一定だと、時計が必要ないような日々を送ることができます。その方は腹時計も毎日決まった時刻にぐっーとなって、食事の時間を教えてくれます。


腹時計ってどこにある?

そもそも腹時計はヒトのお腹に備わっているのでしょうか。胃の中?腸の壁?に時計があるのでしょうか?実は、マスタークロックは、ヒトの脳の中に存在します。そしてカラダの中には、生殖細胞を除くすべての細胞には体内時計があると考えられています。マスタークロックは1日に一回、光によってリセットされ、全細胞が持っている時計にシグナルを送り、脳とカラダの細胞を同調します。マスタークロックが正しく時を刻むには、光が重要な役目をはたしています。

ヒトは光によるマスタークロックだけではなく、食事によっても体内時計をリセットしています。それが腹時計です。どうやら腹時計は、マスタークロックとは別の脳の中の体内時計が作用しているようです。マスタークロックも腹時計も、どちらもカラダの細胞ではなく脳の中で時間が刻まれて、細胞にシグナルを送ることで、体内時計を調整しています。


灯りと明かりのバランスを

現代は電気に囲まれて生活をしています。太古の時代から自然の光から取り入れていた明かりも、今では電気による灯りにとって代わりました。いつでもどこでも人工的に灯りを取り入れられる生活では、ヒトのマスタークロックは正確に時を刻むのが難しくなりました。しかし、灯りも自分の意識次第で、照度をコントロールすることができます。

まずは、部屋の照明はなるべく自然の光を補完する程度の明るさに設定し、マスタークロックの働きを阻害しないようにしたいですね。例えば、部屋の灯りは蛍光灯よりも、オレンジ系の灯りに電灯を変えるだけでも、マスタークロックには良い影響を与えます。


食事の時間で腹時計をリセット

腹時計もまた、生活習慣を少し改善するだけで体内時計を正しく刻むことができます。だらだらと間食をするのを止め、毎日一定の時間に食事をとりましょう。お腹が空いたから食事をするのではなく、食事をする時間にお腹が空くように腹時計を修正すれば、自然と体内リズムが一定になるでしょう。時間を大事に使いたいと思うのであれば、まずは時間を正しく刻むところから始めましょう。



Time to manage or to perform? Recently, we often hear discussions about time performance (effectiveness in relation to time spent), known as timers, but what I think is more important is time management. In particular, tardiness caused by an inability to recognize time correctly is looked upon harshly by society. The Belly Clock Ticks the Time There are people around me who know the time without looking at a clock because they get hungry at about the same time every day. When the daily rhythm of life is constant, it is possible to go about one's day without the need for a clock. For such a person, the abdominal clock also turns on at a fixed time every day and tells them when it is time to eat. Where is the abdominal clock located? To begin with, is the abdominal clock located in the human stomach? Is there a clock in the stomach? Or is it in the intestinal wall? Actually, the master clock resides in the human brain. And in the body, it is thought that all cells except reproductive cells have an internal clock. The master clock is reset by light once a day, sending signals to the clocks of all cells to synchronize the cells of the brain and body. Light plays an important role in keeping the master clock ticking correctly. Humans reset their internal clock not only by light but also by eating. This is the abdominal clock. It seems that the abdominal clock is operated by an internal clock in the brain that is different from the master clock. Both the master clock and the abdominal clock regulate the body's internal clock by sending signals to the cells of the brain, not the cells of the body, where the time is ticked. Balance between digital light and day light. Today, we live surrounded by electricity. The natural light we have had since prehistoric times has been replaced by electric light. In a life where artificial light is available anytime, anywhere, it has become difficult for the human master clock to keep accurate time. However, we can control the intensity of light depending on our awareness. First of all, we want to set room lighting to a brightness that complements natural light as much as possible, so as not to interfere with the workings of the master clock. For example, simply changing the electric lights in the room to orange lights rather than fluorescent lights will have a positive effect on the master clock. Reset the abdominal clock at meal times. The abdominal clock can also be set to tick correctly by simply making a few lifestyle changes. Stop snacking sluggishly and eat at a regular time each day. By correcting your abdominal clock so that you are hungry at the time you eat, rather than eating because you are hungry, you will naturally establish a constant internal rhythm. If you want to use time carefully, start by marking time correctly.


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page