top of page
  • 執筆者の写真Naoko Suga

パフォーマンスを最大限にするためには

意識すると疲労がたまる

体重の2%ぐらいの重さの脳は、全消費エネルギーの約20%を使います。脳はストレスがかかると通常よりも更に約15%のエネルギーを消費します。ストレスフルな日を過ごすと無性にスイーツが食べたくなるのも、ある意味、理にかなっているのかもしれません。


頭を使うとエネルギーを消費するのは、意識活動がブドウ糖(グルコース)を必要とするためです。例えば、チェス競技は体を動かす競技ではないにもかかわらず、次期オリンピック種目とされるかもしれないというのも、チェスはマインドスポーツとして体力を消費するスポーツだとヨーロッパでは認識するのが高いためです。


慣れるとは、無意識でもカラダが動くこと

意識することで、エネルギーを消費し、その結果として疲労がたまるのは、意識活動が影響を及ぼしていると考えられます。では、頭を使わないでも無意識に体が動くようになるには、どうすればよいのでしょうか。

大人は当たり前のように箸を使ってラーメンを食べます。無意識に箸を動かして、麺を口まで運びますね。しかし幼児が初めて箸を用いてラーメンを食べる姿を見ると、それはそれは大変そうですね。


どこでエネルギーを使うべきか

ヒトは人生初めての体験をする時は意識活動も活発になり、脳が普段よりエネルギーを消費します。そして何度も同じ動作を繰り返すことで、頭を使わなくても体が無意識に動くことで、脳は省エネモードになります。省エネした分のエネルギーは、ほかの別の意識活動に利用することができ、また、体を動かすことにエネルギーを費やすことができます。


意識がパフォーマンスの邪魔する

限りあるエネルギーをどのように消費するのかというのは、パフォーマンスに大きな影響を与えます。初めての動作をするときは、大量のエネルギーを消費しているにもかかわらず、なぜかぎこちなかったりしますよね。私も大人になって初めて太極拳に挑戦した時は、正にそのような経験をしました。隣にいた先生はあっという間にフロー状態に入り、笑顔でスムーズに体重移動をしているのに驚きました。私の太極拳は、意識がパフォーマンスの邪魔をしていたのです。頭で一度、正しい太極拳の動きを考えてから行動に移すため、テンポもずれているし、不自然な動きになっていたのです。私がもし太極拳の練習を続け、何度も同じ動作を練習していたら、私も今頃は太極拳のマスターになっていたかもしれません。


誰でも二刀流選手になれる

要するにパフォーマンスを上げたいと思う時は、いかに意識をしないで目的をこなすかが重要なことがわかります。その域に達するには、無意識でもその動作が行えるように同じ動作を何度も重ねて行い、神経回路を強化することで、無意識レベルで体が動かせるようになるのが良いでしょう。そうすることで、脳はもっと創作的な活動に注力できるでしょう。気づくとあなたも、二刀流の選手になっているかもしれません。


Maximize your performance


Consciousness makes you fatigued.

The brain, which weighs about 2% of your body weight, uses about 20% of your total consumed energy. When stressed, you consume about another 15% more energy than normal. In a way, it may make sense that on stressful days, we have an irresistible craving for sweets.


The reason we consume energy when we use our brains is that conscious activity requires glucose. For example, chess competitions may be considered as the next Olympic event even though they are not physical sports, because chess is highly perceived in Europe as a mind sport that consumes physical energy.


To become habituated is for the body to move, even unconsciously.

Conscious activity is thought to be the reason why we expend energy and become fatigued as a result. So how can we get our bodies to move unconsciously without thinking?

Most adults eat ramen noodles using chopsticks as a matter of course. They unconsciously move the chopsticks to bring the noodles to their mouths. But when you see an toddler using chopsticks to eat ramen for the first time, it seems like a lot of work.


Where should we spend our energy?

When we experience something for the first time in our lives, our conscious activities become more active and our brains consume more energy than usual. Then, by repeating the same action over and over again, the body unconsciously moves without using the brain, and the brain enters an energy-saving mode. The extra energy saved can be used for other conscious activities, or can be spent on moving the body.


Consciousness gets in the way of performance.

How you expend your limited energy has a huge impact on your performance. When you perform a movement for the first time, you are consuming a large amount of energy, yet somehow it is still awkward. I had exactly that experience when I first tried tai chi as an adult. I was amazed at how quickly the tai chi master next to me was in a flow state, smiling and shifting his weight smoothly. My tai chi was a hindrance to my performance, my awareness was getting in the way of my performance. I had to think of the correct tai chi movement before I could act on it, so my performance was not as good as it could have been. If I had continued practicing tai chi and practiced the same movements over and over again, I might be a tai chi master by now.


Anyone can be a two-way player.

In short, when you want to improve your performance, you will find that it is important to know how to perform without being aware of it. To reach that level, it is a good  to perform the same movement over and over again to strengthen your neural pathways so that you can perform that movement unconsciously, so that your body can move on an unconscious level. This will allow your brain to focus on more creative activities. Before you know it, you may find yourself a two-way player.




閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page