POWER SLEEP睡眠カウンセリングでは、

睡眠に関する問題に真摯に取り組みます。

​カウンセリング

60min/セッション ¥6,000(税抜)

認知行動療法(CBT- I )とは習慣(くせ)をいかに治すか

自分の状態に気付き、 気づいた後に今までと違うパターンを試し、 より良いパターンを身につける。

睡眠の悩みの中でも、最もポピュラーな症状は不眠です。不眠症の定義は、 「夜、眠れないという自覚」と「日中の活動に支障が出る」ことです。

現在、 不眠症状で医療機関に受診すると睡眠薬を処方される(薬物療法)ケース が多いのですが、慢性的な不眠症に対しては、睡眠に関する生活習慣を見 直す(認知行動療法、CBT- I )も有効です。

認知行動療法に関する海外 の研究では、不眠の症状が改善・減少する人が 70%~ 80%、日本でも70%と高い効果が認められています(岡島、2012)。

メリット

✓副作用がない

✓薬と同等の効果がある

デメリット

✓短期的に効果が現れにくく、ある程度の期間継続する必要がある

✓課題を実践し、自発的に「習慣」を変える必要がある

不眠のための認知行動療法を基に、独自の睡眠カウンセリングを行うことで、あなたの眠りのタイプを調べ、あなたの脳にとっての最高の睡眠療法を実施します。

一人一人の悩みに寄り添って、健やかな睡眠を取り戻します。

脳疲労度をチェックし、脳疲労を防ぐ快眠の鍵を見つけます。

 

メンタル不眠についてもご相談ください。

​【カウンセリングの流れ】

​問題点の把握

修正

​効果を確認

セッション1

​クライアントとの関係構築、睡眠状態の把握

セッション2

不眠症の心理教育と睡眠衛生教育の実施

セッション3

漸進的筋弛緩療法の実践練習(リラックス法)

セッション4

睡眠スケジュール法の実施

セッション5

​カウンセリングのふりかえり、再発予防

POWER SLEEPの睡眠改善プログラムを基に

睡眠日誌や生活習慣チェックリストを用いて、

一人ひとりのニーズに合わせたカウンセリングを行います。

​(終了6ヶ月間は、セラピストによるオンラインでの無料フォローアップ)

POWER SLEEPをフォローしてください!

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle